対象とするDNA検査

ヒトを対象とするDNA検査には、①医療機関を介する遺伝子検査、②医療機関を介さないDTC遺伝子検査、③法医学分野のDNA鑑定があります。当協会は、主に①、②を対象とします。

①医療機関を介する遺伝子検査

□患者の診断・治療に向けた検査(疾患確定検査)

  • 生殖細胞系列検査(遺伝学的検査:遺伝性疾患、家族性腫瘍のDNA検査)
  • 体細胞検査(がん組織のDNAを解析する検査)
  • 感染症検査(病原性ウイルス/細菌のDNAを検出する検査)

□健常人に対する検査

  • 出生前検査(NIPT)
  • 薬剤応答検査(薬効や副作用予測検査)
  • 易罹患性検査(病気の発症リスク検査)

②医療機関を介さないDTC遺伝子検査

欧米並みに普及してきた消費者直販型(Direct-to-consumer: DTC)の遺伝子検査による個人の健康増進を目的としたDNA検査・情報サービス

□生殖細胞系列検査(本来遺伝学的検査であるが、通常DTCでは「遺伝子検査」と呼称する。)

  • 体質検査
  • 易罹患性検査(病気の発症リスク検査)

③DNA鑑定 (法医学)

  • 個人識別
  • 親子鑑定